タイトル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もう目覚めてるからあとは極めるだけ

時々もの凄くラテールのエンチャ音が聞きたくなるけど
頑張って耐えている今日この頃はいこんにちわ(∵)

すっかり季節的に過ぎてしまった置き場のバーナーを剥がして
新しくティンクルのを張ってみました
今日のカウントダウンボイスはアゼルたんでした相変わらずつれない(=ω=`)

そんな事よりまたパタポン3最新情報gggg

パタポン3新情報

やっべぇますますwktkが止まらん・・・

個人的にはぶちぎれファンギルの正体がまこメンだと予想
でも相方(?)みたいな女が居たんですよね外見的に多分クラスは槍だと思うんですけど
それがあいメン・・・だとは思えないのでやっぱり違うのか・・・

どーせ誰もわからんと思うけどテンションが上がってて書かざるを得なかった

暖かい目で見てやって欲しい(๑╹ω╹๑)





スポンサーサイト
  1. 2010/09/24(金) 16:26:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ダークナイト・・・だと・・・

何気なーくラテールの特設チェックしてたら案の定更新されてましたね

ラテールサブクラス特設

ダークナイト「光と闇は表裏一体。真なる光を知るものにこそ、闇の力は扱えよう」

(´゜д゜`)それはひょっとしてギャグで言っているのか

なんという厨2だがそれがいい
  1. 2010/09/22(水) 16:53:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

セカイの滅びに立ち向かうとか何という厨2

はいこんにちわ(∵)
ながらく更新がなかったパタポン3の公式がようやく更新されました

http://www.jp.playstation.com/movie/4m/pv/4m_patapon3.asx

やべぇwkwkが止まらん
がしかしティンクルの発売日が近かったり
近々PCを組む予定だったりで
発売日に買えるかが微妙な所

だが意地でも買うしかないだろう・・・これは・・・

とりあえず割と平和です

こめへん
>メア
とりあえず爆発しちまえコノヤロウ

>モルソン
いいゲームだったのに残念だ(・ω・`)
すまんすっかり忘れていた・・・訳じゃないんだ
  1. 2010/09/17(金) 18:56:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2度目の死

はい、こんにちわ
ラテのサブクラス実装がいよいよ10月27日と聞いて
予想より早いことにびっくり

でもそれよかびっくりしたのが

Gunz2度目の死

私がラテを始める前にやってた(ラテはじめてからも時々やってたりしてたけど)ネトゲです
一度あまりの人の少なさにサービスが終了。その後経営会社とタイトルが変わって再出発したわけですが
やはり人気が出なかったのでしょうか・・・
東京に住んでた厨房時代に親友に誘われてはじめた思い入れのあるネトゲなので残念です(´・ω・`)

さよならGunz。君の事は忘れない

  1. 2010/09/10(金) 20:16:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無頼王

どもこんにちわ
最近何もしてなくて書くことがありませんでしたワッセーイ
ラテはとうとうサブクラスの特設サイトができたみたいですねはやいなぁ
11月前に実装されそう(´・ω・`)

もちろんラテでは書くことがないので
最近見てて面白いなーと思ったアニメの紹介
最初は声優さん目当てで見てたんだけど内容が神でした

その名も
人造昆虫カブトボーグ V×V
以下、うぃきより抜粋 うぃき

カブトボーグの販売促進アニメという建前であるが、本作は、プロモーションの要素をほとんど有しておらず、むしろ「見ると混乱する、玩具への理解を阻害する」出来になっている。

プロモーション対象であるはずのカブトボーグそのものに関する説明が、劇中では全くといって良いほどなされていない。そもそも、カブトボーグとは、尾部のチャージングタイヤを回すことによって内蔵しているフライホイールに慣性力を「チャージ」し、それを動力として稼動するというシステムを持つ玩具である。劇中では、このシステムの説明すら満足にされない。バトルの方式においては、説明されないどころか「何の意味があるのかわからない、もしくは存在しない」ルールが次々と登場する。

劇中ではカブトボーグを養殖・栽培しているシーンが登場するなど、玩具としての扱いすらされない場面が頻繁に描かれる。野生のカブトボーグも登場し、さらには天然カブトボーグの輸出を主力産業としている国が描かれるなど、「カブトボーグ」という存在の定義があいまいになっている。
カブトボーグが原因で人が死ぬ、戦争などの対人兵器として使われる、飛び散った破片で仮面が割れる、カブトボーグを突撃させて扉を破壊するなど、安全性や倫理性が求められる子供向けの玩具を用いたホビーアニメでは到底許容できないシーンが平然と現れる。主要キャラクターの行動も、子供向けアニメに求められる倫理・規律を無視したようなものが多い。


いやー機会があれば是非(何の宣伝だよ)

  1. 2010/09/03(金) 16:46:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。