タイトル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これ毛根じゃないですよね?

はいこにつわ(∵)

はやく決まってよサイキッカーの武器
なにゆえテストリターンズ
なぜ寝たし
これ毛根じゃないですよね?

嘆きたい事がいっぱいでなにやら大変ですが潰れないように
頑張って生きています

今日はラテではもっとも旬であろう話題の
サブクラスについて妄想とかしてみました
ネタ切れ?幻聴ですよo(´゜ω゜`)o
なお他職の事は知ったこっちゃないです
サイキッカー全力で行きます
とりあえずグーグル先生に聞いてみる

サイキッカー

いわゆる超能力者のこと。
超能力者を意味する和製英語で、本来の英語では「サイキック」(psychic) と呼ぶのが正解。 この名称は格闘ゲーム「サイキックフォース」の超能力者(プレイヤー)を「サイキッカー」と呼んでいた事が由来ではないかと言われている。 日本ではエスパー(Extra-sensory perception)と呼称される方が多い。


ほほう。ゲームが由来なのか

・サイキックフォース
 キースというサイキックが、迫害される同胞を護るために秘密組織ノアを結成させた。
やがて、彼は保護したサイキックを率いて人間社会に戦争を挑んだ。
それを止めるべくノアから離脱したキースの親友バーンことバーナード・グリフィスの戦いが話の主軸。

 ノア、人間社会から放たれた刺客を蹴散らして、ノア本部でキースと死闘を繰り広げるバーンとキース。
炎と氷が錯綜する死闘のなか、突如本部が爆発を起こした。この事故はノアの幹部の一人、
リチャード・ウォンという男が仕掛けたものだった。キースの殺害こそ成功しなかったものの、ノアを半壊に導くには
十分なものだった。ノアを裏切ったウォンは、ノアから強奪した大勢のサイキックを使い、サイキックを
サイキックで狩る軍隊を結成。自身はその指揮官につき、大勢の異能力者を食い物にしていく。
一方、爆発に巻き込まれて重傷を負ったバーンはキースの凍結能力によって全身を氷で覆われ
眠りについていた。キースは眠りにつくバーンを見守るかのように表舞台に姿を現さなくなった。
サイキックフォース2012へ続く。


もの凄い論点がずれた

にしてもなんかどーでもいいものしか出ないね。

第一世代ではエスパータイプの弱点はむしとゴーストのみだったが、手違いで「ゴースト技はエスパーに無効」というデータ設定が起用されてしまった。そのためエスパータイプの弱点を突ける技は実質ミサイルばりとダブルニードルのみとなり、エスパータイプはもはや最強タイプとなっていた。

あれ?俺何してたんだっけ・・・

まぁ要するに元々は物をふわふわさせたりする人の事じゃなかったんだけど
超能力、要するに凄い力を分かりやすくした結果が今のポルターガイストっぽい
力がエスパー、サイキッカーらしい

まぁ真理ってのは奥が深いね。
すなおに情報が流れるのを待つとしますか。
ぶっちゃけて言うと更新用にSS撮るの忘れてました

>こめへん

>めらんこ
やっぱ少なからずいるんだなー
テキトーな事言った気がする・・・



スポンサーサイト
  1. 2010/06/09(水) 16:56:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファイナライズ・ブラックエース | ホーム | サウザンド祭り>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://riviathan.blog99.fc2.com/tb.php/112-08cdfe4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。